2017年07月28日

リストランテ カノフィーロ

狸小路2丁目と1丁目の間の道路を少し北上したところにあるイタリア料理のお店。雑居ビルの2階だが、エレベーターの扉があくといきなりお店となる。そしてこのお店、フレンチレストランではないかと思える様なつくりをしている。
       20170616 014.JPG
       (フレンチレストランのような佇まいです)
今回頂いたのは、お店で本日のおすすめ食材を使ったコース料理をお願いした。予約の時に苦手な食材も聞かれたが、対応も大変良いと感じた。

まずはアミューズとしてリコッタチーズと細かくカットされた苺、そして一緒に醤油のジュレが添えられていた。リコッタをわさび醤油で頂く話は聞いたことがあるが、苺もあるのにね。食してみると、正直少し不思議な味でした。
       20170616 027.JPG
         (アミューズのリコッタチーズと苺)
続いてはめぬきという魚のカルパッチョ。水ナス・ズッキーニといった野菜が添えられている。この水ナスは始めていただいたが、少々硬い。タラコを漬けたからすみのようなものがかけられていたが、さほどインパクトは無かった。
       20170616 038.JPG
           (めぬけのカルパッチョ)
冷製のスープはパースニップというせり科の野菜を使ったもので、積丹産の雲丹が添えられている。オリーブオイルとメレンゲが添えられているが、こちらのお味も表現が難しい。幾つかのスパイスが私の中でどうもうまくまとめられない。
       20170616 043.JPG
           (パースニップの冷製スープ)
フイノキオと黄トマト・桜えびをあしらったパスタは、数種類のオリーブオイルを使っているようだが、味はやはり今一つピンと来ない。
       20170616 048.JPG
             (パスタです)
ここまでどの料理も私の中で焦点が定まらず、思い切ってスタッフの女性に「味」について何をメインとしているかを尋ねてみた。どうやら味の基本としては「塩」をメインにされているらしい。まあ、もっとも答え。

しかし、(プロだから当然かもしれないが)オリーブオイルやバルサミコもかなり多くの種類を使っていると言われた。また、いろいろ仕掛けがあります、とも言われた。その他の情報として「契約農家の野菜はアクの強いものもすべて引き取っている」との話。あとはシェフにお任せのようだ。

ややしばらくしてメインのチキンが運ばれてきた。知床鶏のモモ肉を使いローズマリーで下味をつけている。ルッコラを上にそしてウドの酢味噌を下に、両脇にはバルサミコ(15年物)とバジルのソースが添えられている。この料理、肉だけを食すとやはり不思議な味なのだが、すべての食材とソースを混ぜ合わせて食べると、非常に美味しい。なぜウドの酢味噌なのか分らなかったけどこういうことかと少し納得。もしかするとシェフの仕掛けに気付いたのはこれだけかな?
       20170616 055.JPG
             (メインのチキン)
こちらのお店のシェフは、かなり前衛的(大げさですが)なシェフだと思う。私はイタリア料理に詳しいわけではないけれど、このシェフの仕掛け(意図)に気付くのは結構大変じゃないかな。特に今回は、メニューとは違うものをシェフにお任せで頂いたので特にそうだったのかもしれない。

イタリア料理のお好きな方は、是非ご自分で判断下さい。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

白樺山荘新川店

白樺山荘新川店に行った。白樺山荘はゆでたまごは食べ放題。これは面白いサービス。
20170614 026.JPG

20170614 005.JPG
(食べ放題のようです)

こちらでは味噌ラーメンを頂いた。東京時代北海道から転勤で来た同僚が、「白樺山荘の味噌ラーメンが最高」と言っていたのを何故か急に思い出して注文した。そして運ばれてきたのが下の写真。
20170614 003.JPG

こちらの味噌ラーメン「麹」を使っているようだ。スープの中に白濁として見えるのがそれかな。口の中に残るほどでは無いけどね。

スープはやや濃いめかな。麺は中太縮れ麺となってるけど、太いな。味は好みもあるだろうけど一般的な味噌ラーメンの範囲ではないのかな、と私は感じる。メニューに全てはバランスと書いているが、何か特色が見えずらい気もするかな。勿論、美味しくないとは言ってないので誤解の無いように。
20170614 018.JPG

でも、ゆでたまごのサービスや紙エプロンの対応等結構いいサービスはしてくれてるね。特にこの新川店は、厨房の男性が黙々とラーメンを作っている姿は、職人らしく好感が持てるかな。

新川だけでは無くあちこちにあるので、ご存知の方も多いと思うけど、札幌のソウルフードの一つの味噌ラーメンは、一度客の評価が決まってしまえばなかなか冒険はできないのかもしれないね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

すしざんまいすすきの店

すすきのにある「すしざんまいすすきの店」に行った。ずうっと回転ずしだと思っていたが、中に入ると違っていた。
       20170607 299.JPG
今回頂いたのは、まぐろの特選五貫にぎり(16周年感謝祭 通常1,500円が1,280円)とBランチ(980円)を頂いた。そして、運ばれてきたのが下の写真。
       20170607 287.JPG
       20170607 289.JPG
       20170607 285.JPG
           (このボリューム980円)
正直Bランチはボリューム重視のサービス品。980円でこれだけボリュームであればネタ・味はともかく良しとしなきゃならないかな。
ただ、まぐろの特選五貫にぎり(大トロ・中トロ・赤身・炙りトロ・ネギトロ)は、少し期待したのだが残念でした。特に大トロは、とろける感じはまるでなく新鮮ささえ感じなかった。中トロ・赤身についてもほぼ同様。唯一炙りトロのみがそれなりの食感だったけど、これは炙られたおかげで上手くまぐろの中の脂が分解できたせいだと思う。
       20170607 280.JPG
          (正直もう一工夫してほしい)
こちらのお店は「まぐろのセリ」では有名なお店だし、まぐろは美味しいと思ったが、少なくとも私が頂いたものは上記の通りだった。
       20170607 290.JPG
お寿司は生ものであり、日によっても同じ魚でも提供できる質は違うだろうが、価格やセット内容を減らしてももう少し上のランクのネタを提供されてはいかがかしら。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

麻ほろ小樽本店

自然派ラーメンの麻ほろに行ってみた。
こちらの店は化学調味料を一切使っていない自然派の店。
前にも似たような事を書いたことがあるが、化学調味料を使わない料理は体にやさしいけど、必ずしもそれが美味しいわけではない。
        20170519 028.JPG
それどころか、味を調節するのはかなり難しくなるはずだろう。今回は、お勧めと聞き「とろチャーシュー定食」というものを「こってり醤油」でお願いした。運ばれてきたのが下の写真。スープを頂いて魚系の出汁が強いと感じる。自然派というだけあって、こってりと言ってもすーっとひいていく感じがある。
        20170519 042.JPG
            (とろチャーシュー定食)
とろチャーシューについては、まあ確かに柔らかいチャーシューだけど、これがメインでは無いな。
        20170519 045.JPG
ラーメンに戻ると、写真の通りシンプルな具材と見た目はかなり濃いめのスープ、と思いきやそれほどでは無い。
        20170519 043.JPG
        (スープに油のギトギト感はほとんど無し)
さすがに自然派のラーメンと言えばいいのだけど、私にはどうしても腑に落ちない味。決してだめなわけではないし好き好きもあるだろうけれど、正直に言って私にはもう一度は無いかな。

欲張りな話かもしれないけれど、体にやさしい自然派のものだからこそ、心底「おいしい」というものを求めてしまうのかもしれない。

ジビエとかお刺身のようなほぼ素材メインであればまだしも、スープのようにいくつもの素材を合わせるものは、なかなか味の調整は難しいのだろうね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

キリン

狸小路市場にある餃子・小龍包のお店。カウンターを入れても12〜14席くらいの小さな店。
今回は4人で行ってみた。
20170518 003.JPG

頂いたのは餃子(大25個)・水餃子・野菜餃子・小龍包(各5個)そして空芯菜炒め。今回は一時間しか予約時間が取れず、最初にすべてオーダーした。焼売を頼まなかったのが残念。
20170518 017.JPG
(焼き餃子25個 迫力がある)
20170518 021.JPG
(水餃子)

飲み物は冷蔵庫から取出しセルフで頂く。小さい店と書いたが、オープン時から満席で、二人のスタッフは結構てんてこ舞いだった。

こちらの餃子は店主の独学で造られているらしいが、もっちりの肉厚の皮にボリューム感のある中身が詰まっている。日本の野菜がシャキシャキの餃子とはほぼ真逆の餃子。たまに台湾系の中華屋さんで出てくるような餃子。こちらの野菜餃子も頂いたが、通常の餃子と中身が違うだけで肉厚の皮は食べごたえがあるね。
20170518 028.JPG
(野菜餃子)

小龍包も美味しい事は美味しかったが、これは皮も含め通常の小龍包と大きな違いは感じなかった。
20170518 025.JPG
(小龍包)

後はつけだれが白醤油ベースのたれを出してくる。これは柚子こしょうを入れて頂く感じかな。勿論、醤油や辣油も用意されているのでお好みで。

この店は、作り置きをせずに注文を受けてからつくられるので多少時間はかかる。今回は時間も一時間と限られており、実はまだまだ食べたいものがこの店にはあったが、断念した。でも餃子をはじめ注文したものは食べごたえもあり、料金もお安いと思う。

その意味で餃子が好きな方は満足だと思うけど、ただ一つ、スタッフが餃子作りの流れ作業に終始している感が強いね。人気のある店なのかもしれないけど、少しそこの辺りを勉強しても良いのでは。
20170518 011.JPG
(店内はこんな感じ)


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

手打ちそば わか竹

江別にあるお蕎麦屋さん。江別に来る機会は半年に2.・3回程度しかない。あまり街も良く知らず、とりあえず車で入りやすかったお蕎麦屋さんにお邪魔した。
        20170512 024.JPG
お願いしたのは、この季節限定と言われ勧められた「冷やしたぬき」。そして運ばれてきたのが下の写真。なぜか温泉卵が乗っていた。
        20170512 017.JPG
           (何故か温泉卵が乗っている)
一口食してみると、つゆは少し甘め。麺は細麺でさほどコシはあると思えない。ただ、何と言っても揚げ玉がすごい。エビの香りが強く、出来合いのものでは無い。この店オリジナルのものだろう。おかげでそばの香りや味が今一つ分らなくなったほどだ。
        20170512 018.JPG
          (エビの香りが強い揚げ玉です)
蕎麦は二種類選べるようになっていて、「藪」と「更科」から選べる。今回は藪を選んだが、この蕎麦も細麺で中々品もある。更科はもっと繊細なんだろうね。

後からメニューを確認してみると、「ニセコの無農薬栽培のそば粉」を使用しており、つなぎの小麦は江別産と書かれてある。化学調味料は使用せず、ネギや天ぷらの野菜のほとんども国産を使用しているらしい。天ぷらに欠かせない「えび」についても抗生物質の心配が無いインド洋産(よく分りませんが)を使用と書かれてある。かなりのこだわりだな。
        20170512 011.JPG
ただ、今回は「冷やしたぬき」という揚げ玉のエビの香りが強い蕎麦をオーダーしてしまい、肝心の蕎麦の味や香りがよく分らなかった。また、つゆは甘めで出汁の内容がまるで推察できなかった(これもたぬきと揚げ玉の影響が大きい)。なので今回は、ここが美味しいか判断がついていません。スイマセン。

丁寧につくられていると思うしこだわりもお持ちのようだが、今度は違う蕎麦で確認しましょう。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

洋食バル 函館五島軒 フコク生命ビル店

五島軒に行った。こちらは、札幌駅前のフコク生命ビルにオープンした新しい店舗。こちらのビルには、地下一階から地上二階まで幾つか新しいお店がオープンしている。
       20170506 022.JPG
五島軒はここ以外にも行ったことは無く、初めてのお店。スタッフにお勧めを聞くと、五島軒イギリスカレーを勧められたのでそれにした。ややしばらくして運ばれてきたのがこれ。
       20170506 020.JPG
食してみると、長時間煮込まれたカレーらしく、ほとんど野菜の原形が保たれていない。肉だけが形としても分るが、ホロホロと舌の上で崩れていく。老舗のカレー店によくある感触。
       20170506 018.JPG
           (五島軒イギリスカレー)
このお店は創業135年とのことで、「北海道では最も歴史のある西洋料理店」だそうだ。カレーについても確かにそう感じるし、ガラムマサラや福神漬けもオリジナルなものが各テーブルに置かれている。
       20170506 014.JPG
         (お店オリジナルのガラムマサラ)
       20170506 016.JPG
         (お店オリジナルの福神漬け)
でも、悪くはないのだけれど、結局はそれだけかな。丁寧につくられたカレーだけど、やはり長くやられている店に行けば、このタイプのカレー(多少違っても)は十分食せるだろうね。

勿論、こちらはカレー屋さんじゃないし、他の料理もたくさんあるようなのでこれですべてというわけではないでしょう。まあ、定番は地味にうまいと言ったところかな。東京にはこういった洋食屋さんはたくさんあり何件も食べたけど、結局「地味に美味しい」というのが結論になったような気がする。

ただ、一つ気になったのがテーブルセッティング。テーブルの上に、たくさんのメニュー(パウチされた)が所狭しと置かれている。まるで安売りの昼飲みの居酒屋さんのようだ。これは老舗の洋食屋さんを自認する店としては、少しいただけないのじゃないかしら。
       20170506 010.JPG
            (結構乱雑でした)

posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

サヴール

すすきの36号線から大通り側に入ったビストロ。場所は少し分りずらいかもしれない。こちらでは、ランチを頂いた。        20170504 086.JPG        
(場所は少し分りにくいかもしれません)メインには魚料理と思ったが、女性スタッフ(実は奥様だったが)から「北海道のクネル」がお勧めと聞き、それを選んだ。
        20170504 095.JPG
最初に出されたのは、ホタテ中心のアミューズ。あっさりしたお味だが、ビネガーを煮詰めたものに蜂蜜を加味したソースがほんのりと甘く中々素敵な一品。続いては季節のポタージュ。ふきのとうのムースが入っている。春らしいが、若干苦みが残っていた。        20170504 098.JPG  
(ご覧なりずらいかもしれませんが、美味しいソースが添えられています)        
        20170504 104.JPG
季節の野菜とお花のサラダは、ゼンマイやミニトマトなどの野菜が盛りだくさんだったが、なによりワカメと白魚そしてそれを頂くソースがメインだろう。恐らくキウイか何か酸味系のフルーツを使ったソースと思うが、これが魚や海藻の生臭さを消し、美味しくいただけた。        
20170504 110.JPG        
(中央のグリーンのソースが決め手です)
北海道のクネルについては、これは日本の真薯のようなもので、魚介の練料理といったところ。美味しいけど、フレンチらしい重厚さはあまりないね。       
        20170504 114.JPG
後はデザートのハスカップのソルベとエスプレッソ。普通に美味しかった。        
20170504 122.JPG
こちらのお店の料理の感想としては、フレンチとしては非常に軽い。ある意味イタリアンみたいな感じ(悪い意味ではありません)。特筆すべきはソースだと思う。こちらのソースはあまり記憶にないソースを使われている。美味しかった。また、こちらはビストロ形式のお店なので、わりと気軽に利用しやすいね。スタッフの方もシェフはじめ非常に丁寧に対応してくれる。ただ、シェフと奥様そしてあと一名の三人で対応されるので、込み合ってくると少々時間がかかるかもしれない。       
       20170504 094.JPG
皆様も行かれるとしたら、予約をして行かれてはいかがでしょうか。

posted by ミラー at 17:59| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

コートドール

西28丁目駅から五分程度にあるフレンチのレストラン。
私が色々食べ歩いていると聞かれた仕事関係の先輩が、連れて行ってくれた。
        20170503 003.JPG
             (グランメゾンです)
フレンチと言っても「ビストロ」では無くこちらは「グランメゾン」のお店。
最上階がレストランになっている。
        20170503 011.JPG
            (バーもあるようでした)
今回はランチで伺い、三つのコースから真ん中の3,500円のコースをオーダーした。そして、メインの料理には「ソイのポワレ」を選んだ。
        20170503 018.JPG
提供された料理は下記の写真の通りだが、今回頂いた料理は、どれもかなり重厚なお味。フランス料理としても結構重たい(私はこういのは大好きですが)。
        20170503 034.JPG
             (一口スナック四種)
        20170503 039.JPG
     (ニジマスのマリネとフロマージュブラン山わさびの香)
特に「ホタルイカのブレゼ」は、アントレとなっているが非常に濃厚な一品。全体に軽い酢味噌を使った泡のソースがかかっておりこれがイカ墨と良くマッチしており、メインとも思えるボリューム感だ。
        20170503 045.JPG
       (ホタルイカのブレゼ蕪のピューレとディルの粉)
でも、次に出されたメインのポアゾン「ソイのポアレ」を頂いてさすがにこちらがメインだと感じた。バターの風味と付け合せの行者にんにくが非常に食欲をそそり、脇を固めるキクラゲと春レタスも美味しい。淡白なソイと非常に良く合う。
        20170503 049.JPG
              (ソイのポアレ)
最後のデザートがまたユニーク。私が自分でチョイスしたのだが、「國稀(日本酒)のスフレ酒粕のチューブと柚子のソルベ」。写真の通りだが、ほんのりの日本酒の香りがして中々面白いデザートだった。
        20170503 068.JPG
          (國稀のスフレです。ユニークです)
今回の料理は(私は)、非常に満足したものだが、連れてきてくれた方は、“少し重たい”と仰っていた。確かにこの濃厚なお味は、そういう評価をされる方もいるかもしれない。こういう味付けだとすると(お会いしたわけではないが)若いシェフの方かも知れないね。
         20170503 031.JPG
         (各テーブルに飾られていたスズランです)
このお店、味や雰囲気では間違いなく私にとっては「☆」だけど、このブログの主旨からも少し外れるかなと思い、あえてつけませんでした。

また、利用されていた方がほとんど大人の方が多く、若い方はその辺りも考慮されたほうが良いかもしれませんね。



posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

MEN-EIJI HIRAGISHI BASE

MEN-EIJIのHIRAGISHI BASE店に行った。以前スガイディノス店にも行ったことがあるので、今回はこちらに来た。
        20170417 023.JPG
スガイディノス店では魚介豚骨ラーメンを頂いたが、今回はつけ麺のつけBUTO(大)を頂いた。メニューらしきものは近くに無かったが、「科博調味料を使わない」「美味しい道産小麦の麺を自社製麺する」というコンセプトは同じだろう。

ややしばらくして運ばれてきたつけBUTO(大)がこちら。BUTOというだけあって、かなりの太麺。食してみて感じたのは(少し水切りが甘い気がしたが)、かなり食べごたえのある麺。少しやわらかな麺だが、つけ麺にはこの程度でもいいのだろう。素直に美味しいと感じた。
        20170417 012.JPG
             (つけBUTO大です)
        20170417 017.JPG
              (麺のUPです)
スープは見た感じは特に濃いとは見えなかったが、塩加減が強すぎる。つけ麺のスープは、当然少し濃いめだがこれはやり過ぎだと思う。麺に絡めているうちはまだよいのだが、スープだけを口に入れると、これはいかがなものかと、感じてしまう。
        20170417 015.JPG
           (かなり塩味が強いです)
私は、つけ麺(最近はあまり食べなくなったが)のスープはほとんど割らないでもいけたけど、今回のスープは倍くらいに薄めて頂いた。それで初めて魚介の出汁を感じることが出来た。

ラーメンにしろつけ麺にしろ一度しか食してはいないし、ファンの多い店でもあるのだけど、正直最後のチューニングが何か違うような気がする。
        20170417 007.JPG
           (人気が高いようですね)
ラーメンもつけ麺も、好みが大きく分れることも多く、これ以上は好みの世界にもなるのだろうけど、皆さんもご自分で食してみてはいかが。



posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする