2018年02月16日

寿し心 なかむら

少し前の話で恐縮だが、年末に頂き物のワインを知人にプレゼントした。年明け早々に、その知人にランチのお寿司をごちそうになった。場所は札幌駅近くの「なかむら」。
IMG_2632.JPG

こちらでは、ランチセットの1.5人前を頂いた。出されたのが下の写真。寿司屋のすし桶に納豆巻が入っていたのは少し驚く。普通、無いんじゃないかな。
IMG_2622.JPG

この日は、年初でもありランチ時間もかなり混んでいたが、注文してから出されるまでに結構な時間待たされた。また、お寿司を食べてみても乾き気味のネタが大半だった。いくらランチのセットとは言え、少し残念過ぎたね。
IMG_2624.JPG
(ネタは乾き気味でした)

ご馳走してくれた知人も同じ思いだったのか、“今日は大将がいない。だから今一なんだ”と言っていた。

しかし、おいしいお寿司を食べたくてこれを出されたなら、当然辛口で書くだろうが、年初ということもあるのか、これだけ混んでいるお店でお寿司としてはお安い値段とボリュームのランチセットに文句を言うのは、少し大人気なく感じてしまう。
IMG_2626.JPG
(こちらは追加分です)

少し落ち着いてランチじゃないお寿司を注文したら、また違った評価にもなるだろう。ランチセットにしても、この場所でボリュームと値段を考えれば、良心的と言えるかもしれないね。
IMG_2628.JPG
(最後のデザートです)

ところで、今年はまだ「これはいい」とか「ここは面白い」といったごはん屋さんを見つけていない。早く巡り合いたいね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

コクミンショクドウ

北区太平にあるラーメン屋さん。名前コクミンショクドウ。由来は聞いていない。少し分かりずらいところにある。
       IMG_2233.JPG
          (見つけにくいかも知れません)
今回頂いたのは、なま味しょうゆらーめん(なましょう)。白しょうゆらーめんというのもあり迷ったのだが、女性スタッフの方“なましよう”を勧めてきたのでそれにした。そして、出されたのが下の写真。
       IMG_2242.JPG
      (メニューを見てもしょうゆがメインのようです)
非常にシンプルなしょうゆらーめん。具材もこれと言って目立っているものはない(つみれが入っていたけど)。麺は平打ちの太麺。正直、平打ち麺はあまり好きではないけどね。
       IMG_2245.JPG
     (麺はともかくスープは大変丁寧につかられています)
こちらのラーメン、味はクセがなくどちらかというとあっさり系。魚介系スープが売りとも聞くが、それにしてはかなり丁寧。魚介独特のクセも臭みも感じない。おそらく出汁がいいんだろうな。ラーメンのスープにしては本当にやさしい。

シンプルな具材と平打ちの太麺だけでは、私は少し物足りない組み合わせと感じたが、このスープが上手にまとめているような気がする。美味しいと思う人とそう思わない人とに分かれるかもしれないけど、一度食してみてはいかがでしょうか。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

渤海飯店

地下鉄東豊線東区役所駅から北に5分程度のところにある中華料理屋さん。この地区はあまりよくわからないが、こちらはかなりのメガ盛りのお店と聞いていた。
IMG_2533.JPG

今回はメニューから木須肉定食(ムースーロー定食)を頂いた。出されたのが下の写真なんだが結構驚いた。
IMG_2542.JPG

まずは、メガ盛り。別に大盛りを頼んだわけではないのだが、とにかくすごい。だが、それ以上に驚いたのが、出された料理。あんかけの片栗粉が溶けておらず、食材にべったりとくっついている。「エッ?ナニコレ?」と、本当に思った。
IMG_2544.JPG
(とにかくメガ盛り)

確かに、食べられないことはないが、こういう料理は初めて。もしかすると、メインの料理長がお休みで、アルバイトの方が作ったのかもしれない?

料理の味も、酢豚と一緒に作ったのか、甘酢の味がかなり強い。酢豚をたのんだかな?と思わせる味。まあ、リサーチ不足の店だしこういうことも仕方ないかな。
IMG_2545.JPG

ただし、このお店、意外と混んでいた。おそらく近くの方が良く利用する店でもあるのだろう。この料理でこの味で(一度しか行ったことがないのだが)なぜ込み合うのか考えてみると、一つはメガ盛りだろうな。そしてもう一つはお値段。特に日替わりの定食は418円で提供している。安くておなか一杯というフレーズは、いつでもどこでも魅力的なんだろう。
IMG_2534.JPG
(他にも良心的な価格設定が・・)

これが、どこかのホテルで食べた中華ならもっともっと辛口になるけど、これだけ良心的な価格設定なら、まあ、いいのかなとも思える。

それでも私の頂いた料理は、何かの間違いと信じたいね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

手料理 うみ野

狸小路6丁目にあるお店。近くには喜来登や狸小路市場があり比較的この辺りはよく利用するが、「うみ野」はネットでの評価に厳しいものが多く、意図的に行かなかった店。

入ってみると、かなり殺風景で雑然としている。カウンターに座ったが、足元にお箸が一本転がっていた。気づいているのかどうかは分からないが、店主の女性は知らん顔。うーん、これは厳しい評価もわかるような気もするわ。
       IMG_2521.JPG
注文したのは魚定食680円。お肉の定食も680円で用意されているが、やはりネットでは500円の内容と書かれていたので、魚にした。出されたのが下の写真。
       IMG_2531.JPG
魚はまあ、小ぶりだけどきちんと焼かれている。お味噌汁は、ちゃんと出汁を取っているようだが、味は今一つと感ずるね。そして何よりご飯がいけない。蒸らしかたのせいか、少し水っぽい。添え付けのマカロニサラダも私には、おいしいとは思えなかった。
       IMG_2528.JPG
もっとも、お値段680円と言えば、とりあえず仕方ないかなという感じ。相変わらず店主の女性は無愛想。ただ、このおばさん常連と思われる客が来ると、おはようございま〜すと、愛想よく挨拶をする。年配の男性ばかりだが、居酒屋の(夜の)客でもあるのだろう。しかし昼間に"おはよう"もないだろう、芸能人でもあるまいし。

だけど、昼のランチがこの程度なら、夜の酒の肴もあまり期待はできないんじゃないかな。

ネットでの厳しい評価はともかくだけど、私もこういう店にはもう行かないだろうね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

バーナノ

すすきのにあるバー。こちらのお店は、札幌に来た数年前に一度、知人に連れてきてもらったことがある。ひょんなことからこの店を思い出し、飲み会の前に寄って見た。
       IMG_2384.JPG
           (お洒落なバーです)
今回この店では、ジャックダニエルのゴールドと、北海道産4工房ソーセージ盛り合わせを頂いた。出されたのが下の写真。
ところで、こちらのお店は(特に店内)写真撮影を禁止している。そのためここで載せている写真は、女性スタッフに確認して撮らせていただいた。行かれる方はそこのあたりも注意してください。
       IMG_2386.JPG
    (ボトルをカウンターに寝かせて撮らせてもらいました)
       IMG_2391.JPG
      (氷は角のある氷ですがグラスの中で回ります)
ジャックダニエルは、最近少し変わったと聞いたが、確かに以前とは違う(バーのせいではない)。私は前のほうが好き。以前はゴールドなんて無かったはず。ソーセージのほうは、まあこんなものかしら。お酒のつまみだね。
        IMG_2393.JPG
         (北海道産4工房ソーセージ盛り合わせ)
このお店、以前来た時にお通しにアンチョビを詰めたオリーブが出されたが、これが中々おいしいと感じた記憶があった。お願いしたかったが、今回は時間が限られており頼めなかった。

こちらの店は女性でも気軽に入れるようなお洒落なつくりで、人気もありそう。料理のメニューもバーとしては凝ったものもおいてある。私は、あまり酒を飲むほうではないし、バーにはあまり行かないのだが、そういう方にもお勧めしやすい一軒でもある。

皆さんもぜひ足を運ばれてはいかが。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

中華食堂 くろ(小樽)

小樽の中華のお店くろに行った。場所は小樽市立美術館のすぐ近く。
       IMG_2373.JPG            
今回はこちらで、「中華風かみこみ豚のロースとんかつ」を頂いた。かみこみ豚というのは、赤身に脂が差し込んでいる豚肉のことらしく、帯広市の業者から購入しているようだ。ソースもオリジナルで、ご飯とスープもおかわりOKとある。出されたのが下の写真。
       IMG_2369.JPG
            (定食のセットです) 
かみこみ豚の味はともかく、このロースとんかつは素晴らしいボリューム。食べ応えは十分。これでご飯とスープもおかわりOKなら、大食漢の男性も満足だろう。
       IMG_2372.JPG
         (お肉のボリュームはなかなかです)
こちらのとんかつは、パン粉に干しエビの粉末を入れソースはカキ油と紹興酒をベースに作っているらしいが、中華風というほどの感じはしない。ただ、添えられているものがお新香ではなくピクルスだったりして、こだわりは感じたね。

だけど、メニューを見ても(ランチメニューだが)、中華料理屋さんのメニューのようではないように感じるな。夜のメニューに多いのかもしれない。(お酒はそれなりにありそうです)。
       IMG_2362.JPG
            (日本酒もあります)
       IMG_2347.JPG
        (壁に貼られているのは、夜のメニュー)
中華というには少し?だけど、こちらで頂いたとんかつは十分に食べ応えはある一品でした。なかなか面白いお店なので、また訪問して別の料理を食べてみようとも思うが、一つだけ気になったことがある。

こちらの女性スタッフのストッキングの膝が、もう抜けそうなくらい薄い。ここまでくたびれたものを着けているのはいかがなものか。ここは気を付けてほしいね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

宝すし(小樽)

小樽駅から車で5〜6分のところにある小さなお寿司屋さん。一方通行が多く、少し分かりづらく車で行くとちょっと面倒かもしれない。
        IMG_2080.JPG
           (少し分かりずらい場所です)
今回は三名でランチに出かけ、「宝握り」というお寿司を頂いた。出されたのが下の写真。
        IMG_2096.JPG
          (小ぶりですが上品なお寿司です)
ネタはソイのこぶ締め・マグロのづけ・ホタテ・ホッキ・ボタン海老・ズワイガニ・数の子・アワビ。そして軍艦巻きのウニとイクラ。
        IMG_2104.JPG
      (軍艦巻はあとから来ました。写真は三人分です。)
こちらのお寿司は、小ぶりなシャリで丁寧に握られており、見た目も上品なお味。ただ、ネタにもよるけど上品な分、少しパンチがないような気もする。たとえば(これは好みにもよるだろうが)、ボタン海老はもっと濃厚なほうがいいという方も多いと思う。

でも、自家製の数の子を頂き、私なりにこちらのお店の味に少し納得できた。小さめのシャリにもマッチする歯ごたえはあるけど出しゃばらない味(早く言うと薄味かな)、といったところかな。これは、好みも分かれるところかもしれないね。また、ランチとはいえ、一緒にいきなり味噌汁を出されるのは、この店の雰囲気にも合わないような気もした。
        IMG_2085.JPG
         (カウンターは予約も入っていました。)
もっとも、3,500円で十貫のお寿司しか頼んでいないので、こちらもあまり偉そうなことは言えないね。

今回は、三名ということもありカウンターではなく、テーブル席だったので大将といろいろお話できなったのが少し残念。

私と言えば、正直少し違うというのが本音なんだけど、上品な握りだとは思います。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます

謹賀新年

旧年中はたくさんの訪問・応援いただきありがとうございます。
新しい年を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。
      inu.jpg


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

蔵鵡 別邸

ススキノの炭火焼き鳥のお店。札幌でキリンビール園をやっている会社のお店。およそ焼き鳥店らしからぬ綺麗なお店だが、おでんのレシピも豊富。
IMG_2311.JPG

今回は焼き鳥メインで頂いた。注文したものは、ねぎま・レバー・骨付きボンジリ・徳島阿波尾鶏さらに、豚ナンコツ・梅しそロール・ミニトマトチーズ焼き。
禰宜町.JPG
(ねぎま)
IMG_2284.JPG
(レバー)
骨付きボンチリ.JPG
(骨付きボンジリ)
阿波尾鶏.JPG
(徳島阿波尾鶏)
豚なんこつ.JPG
(豚ナンコツ)

食してみて、確かにどれもそこそこ美味しい。素材もいいと思う。レバーは大きく食べ応えがあり、骨付きボンジリは骨の感触が良いし、豚ナンコツも同様。徳島阿波尾鶏は、プリプリした弾力の強いおいしい肉。
梅しそ.JPG
(梅しそロール)
ミニトマトチーズ.JPG
(ミニトマトチーズ焼き)

梅しそロールは好みが分かれそうなお味。その他の串も、特に問題はない。きちんとしている。

ただ、このお店、面白みが感じない。興味を感じない。店はきれいで、提供される料理もおいしい。しかし少しつまらないな。スタッフの動きが決してそうではないのかもしれないけど、マニュアルどおりに動いているように感じてしまう。
IMG_2261.JPG

特に今回は別邸のカウンターで食したので、スタッフの動きが丸見えなのでそう感じたのかもしれないけどね。これが見えなければ、また違った印象になったかもしれない。
IMG_2306.JPG

でも、焼き物はおいしいお店。皆さんも機会があれば食してみてください。

posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

ミルチ

地下鉄西18丁目から南西に10分弱歩いたところにあるインドカレーのお店。スパイスが効いたカレーと聞き行ってみた。
IMG_2461.JPG
(中々素敵なお店です)

こちらのお店は、水を使わず玉ねぎと完熟トマトをメインに約30種のスパイス使ったカレー、だそうだ。また、お客に提供するまでに2・3日寝かせるらしい。今回こちらで頂いたのは、人気No1と書かれていたチキン・ベイガン(チキンと茄子のカレー)。辛さは5番で頂いた。出されたのが下の写真。
IMG_2484.JPG
(チキン・ベイガンとナンのセット)

スパイス30種とあるが、一口目にクミンのかなり強い香りがした。そして、たぶんジンジャー系だと思うが、やはり別のスパイスの強い香りがした。確かにスパイスは効いていると思うが、食べ進んでいくうちにこれは慣れてくる。
IMG_2487.JPG
(スパイしの効いたカレーです)

熟成させているというのもカレーの感じでよくわかる。ただ、チキンが少しパサつき気味。このチキンはカレーに完璧負けている。また、茄子もカレーとのマッチングは今一つかな。切り方もよくないような気がする。このカレーならもっと上手に具材と合わせると、ずっと良くなると思うのだけれど。

こちらのカレーを頂いていて、ふと東京大手町のきひろのカレーを思い出した。具材がすべてルーに溶け込んだようなカレーは、もしかすると参考になるかもしれない。(どっちがおいしいということではありません)

また、今回はナンを頂いたが、ごく普通のナン(ネットで悪く書かれていたのを見たが)だった。
IMG_2489.JPG
(普通のナンでした)

お店はなかなかおしゃれなお店で、スタッフの対応も丁寧。帰り際には、オーナーらしい男性が年末の休み機関の話をし、来年もよろしくお願いしますと、常連でもない私に挨拶してきた。こういう対応はいいね。
IMG_2466.JPG
(店内もお洒落です)

こちらは、チキン以外にビーフやマトンもあり、今度は羊をお願いしてみようかな。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする