2017年05月26日

MEN-EIJI HIRAGISHI BASE

MEN-EIJIのHIRAGISHI BASE店に行った。以前スガイディノス店にも行ったことがあるので、今回はこちらに来た。
        20170417 023.JPG
スガイディノス店では魚介豚骨ラーメンを頂いたが、今回はつけ麺のつけBUTO(大)を頂いた。メニューらしきものは近くに無かったが、「科博調味料を使わない」「美味しい道産小麦の麺を自社製麺する」というコンセプトは同じだろう。

ややしばらくして運ばれてきたつけBUTO(大)がこちら。BUTOというだけあって、かなりの太麺。食してみて感じたのは(少し水切りが甘い気がしたが)、かなり食べごたえのある麺。少しやわらかな麺だが、つけ麺にはこの程度でもいいのだろう。素直に美味しいと感じた。
        20170417 012.JPG
             (つけBUTO大です)
        20170417 017.JPG
              (麺のUPです)
スープは見た感じは特に濃いとは見えなかったが、塩加減が強すぎる。つけ麺のスープは、当然少し濃いめだがこれはやり過ぎだと思う。麺に絡めているうちはまだよいのだが、スープだけを口に入れると、これはいかがなものかと、感じてしまう。
        20170417 015.JPG
           (かなり塩味が強いです)
私は、つけ麺(最近はあまり食べなくなったが)のスープはほとんど割らないでもいけたけど、今回のスープは倍くらいに薄めて頂いた。それで初めて魚介の出汁を感じることが出来た。

ラーメンにしろつけ麺にしろ一度しか食してはいないし、ファンの多い店でもあるのだけど、正直最後のチューニングが何か違うような気がする。
        20170417 007.JPG
           (人気が高いようですね)
ラーメンもつけ麺も、好みが大きく分れることも多く、これ以上は好みの世界にもなるのだろうけど、皆さんもご自分で食してみてはいかが。



posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

酒食家 とりもん

札幌駅から歩いて4〜5分のところにある九州系料理の居酒屋さん。東京から出張で仲間が来たので4人で行った。北海道で九州というのも少し考え物だが、何度も北海道に来ている仲間でもあり、こちらも何も考えずに選んだお店。
20170413 004.JPG

頂いたのは「本場九州博多のもつ鍋(味噌)」(私は醤油が良かったのだが仲間が味噌がいいと頑張った)。

他の料理は「薩摩知覧鶏のもも焼き」「自家製手作り鉄板ぎょうざ」「鶏皮パリパリ揚げ」をオーダーした。どれも美味しかったのだが、どの料理も鉄板に焼き付いており、これはもう少し何とかならないのか、と思う。特に餃子は凄かった。
20170411 004.JPG

(薩摩知覧鶏のもも焼き)

20170411 013.JPG

(鶏皮パリパリ揚げ)

*自家製手作り鉄板ぎょうざは写真を撮り忘れました。*

もつ鍋は「醤油・味噌・塩」から味を選ぶことが出来る。確か九州では、ほとんどが醤油ベースだと思う。味は中々おいしかった。また、この鍋、〆でラーメンかおじやが出来る。
20170411 008.JPG

(本場九州博多のもつ鍋(味噌))

ただ、この鶏の焼き方・揚げ方は、北海道の居酒屋さんではほとんど見ない。北海道にはおいしいものはたくさんあるけど、たまにこのような居酒屋さんも良いのではないかしら。案外嵌まるのかもしれない。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

おたる政寿司本店

小樽の老舗のお寿司屋さんだそうだ。海の街小樽なので、少しリサーチもしたかったけど、いつもの連れが予約したというので行ってみた。
       20170410 032.JPG
今回は、カウンターでランチのお寿司を頂いたのだが、客はまばらでカウンターには私達以外2・3名しか見えなかった。
       20170410 010.JPG
こちらのお店は、老舗と言われるだけあってスタッフの対応もよく、皆さん感じもいい。頂いたのは「華」というランチ用のお寿司だが、中でもトキシラズと北寄貝は美味しかった。他には、追加でカンパチとしめ鯖を頂いたが、このカンパチも脂が後から追ってきてなかなか美味しかった。
       20170410 028.JPG
             (トキシラズです)
       20170410 027.JPG
             (北寄貝です)
       20170410 015.JPG
             (カンパチです)
ただ、今回は若いイケメンの板前さんが握ってくれたが、何度かシャリの握り直し・ネタの微調整をしていた。昼間なので特に気にはならなかったけど、夜だと興醒めかもしれないね。たぶん握り直しをされるのは、私には初めての経験だろうな。もう一点、このお店シャリが少し大きめなのかランチなのに結構お腹いっぱいになった。(板前さんが特別なのかもしれない)。
       20170410 007.JPG
         (握ったのは彼ではありません)
ところで、海の街小樽のすし店なので海外からの観光客も最近は多いと聞いた。やはりこういった皆さんは、醤油をなみなみと使ってお寿司を食べるという、どこかで聞いたような話も聞いた。何処も同じかな。

こちらのお店は老舗の有名店というせいか、ネットには少し良くない意見もあるようだけど、今回のランチでは(握り直しもあったけど)お値段並みというのがいいのかなと、私は思う。

皆さんも小樽のお寿司選びの一つにしてはいかがでしょうか。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

すし善(大丸札幌店)

すし善大丸札幌店に行った。場所は札幌駅の大丸百貨店八階。
「すし善」は、札幌ではお寿司のかなりの名店と聞いていた。本店は円山にあり、ここで修業していた方がいくつも名店と言われるお寿司屋さんを営んでいるとも聞く。だから、期待して行ってみた。
        20170327 004.JPG
            (素敵な行燈です)
こちらのお店は、店内も綺麗でスタッフの対応も一応に良い。流石に名店だけあって良く行き届いているのだろうと、そう思った。カウンター内にいる大将(こういう言い方がいいのかな)も、注文したビールのあて(おつまみ)に、即席で山わさびと鰹節の和え物を出してくれた。対応は素晴らしいと思う。
       20170327 017.JPG
         (大将が即席で作ってくれました)
ところで、今回は夜にお邪魔してお寿司十貫の五千円弱のコースをお願いしたのだが、内容はもう一つの感が強かった。追加で小肌やサバも頂いたが、(美味しくないわけではないけれど)釈然としなかった。
       20170327 008.JPG
         (最初に出された白身 ソイです)
       20170327 011.JPG
          (サーモンです。北海道らしい)
       20170327 034.JPG
              (小肌です)
お値段もお寿司としては決して高いわけではないだろうし、期待も高かったせいもあろうが、店の雰囲気やスタッフの対応から見ても内容が寂しく感じる。他のメニューも聞いたが、これは食べてみたいと思えるものも無かったな。

ただ、そんな思いからスタッフの方に聞いてみると、どうやら百貨店内のお店ということが案外制約となっているように聞いた。確かにこちらのお店だと、食事だけでは無く買い物をされてくる方も当然多いよね。
       20170327 028.JPG
        (包丁さばきもさすがだと思いました)
また、大将から聞いたのだが、この店の場所柄最近は外国人のお客も増えているらしく、この方々は、ほぼ例外なくどんな料理にも醤油を大量にかけて召し上がるそうだ。好き好きと言ってしまえばそれまでだが、そう聞くと、もしかするとなかなかいいネタは揃えずらいのかもしれないな。
       20170327 042.JPG
ところで、初めに書いた通りこちらはきれいなお店でスタッフの対応も良い。夜に少し贅沢なお寿司は向かないかもしれないが(そちらは本店に任せて)、ランチには適していると思う。最近はやりのランチ接待には中々よろしいのではないかな。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

グルマンズ いとう☆

電車通り東本願寺近くの焼き肉屋さん。予約がとりづらい人気店とも聞く。確か以前行ったことのある「モツの朝立ち」がこちらの関連のお店らしい。
       20170324 005.JPG
今回頂いたのは、レバー・ホルモンといった内臓系から、焼肉では芯・サガリ・ひうちといったメニューを中心に頂いた。こちらのお肉は、全国から買い付けされているらしいが、内臓系は北海道内のものを使い、鮮度を保たれているらしい。
20170324 037.JPG
    (新鮮なレバーです)
              20170324 033.JPG
               (こちらの豚ホルモンもいいですね)
20170324 042.JPG
      (ランプ芯です)
              20170324 050.JPG
                    (ひうちです)
女性スタッフにも言われたが、焼き加減は(程度はあるが)「表面の色が変わったらあとはお好みで」と言えるくらいの自信があるのだろう。レバーは、かなりレアに近い状態でも美味しかった。

内臓系は新鮮でおいしく、ひうちや芯といったお肉にはきちんとサシが入っており、和牛タンの肉厚さには少し驚いた。結局、頂いたどの部位も美味しかった。
      20170324 024.JPG
         (和牛タン いいですね)
だが、一つ残念だったのは、どうしても食べたかった「上ミノの湯引き」が今回はいただけ無かった事。生ものだけに、いいミノが本日は仕入れできなかったということのようだ。残念だけど、これは仕方ないね。他にも「湯引き」や「薬味和え」もメニューに並んでいるが、相当に扱われている素材に自信があるのだろうね。

また、この店、コンロはガスを使用している。炭火では無い。たぶん、手軽で扱いやすいのだと思う。しかし、提供される食材が本当に良いものであれば、何も損なうことなく美味しいと私は思う。(炭火もおいしいですけど)

予約がとりづらいらしいですけど、皆さんも是非。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ビッグフォーレスト

江別(大麻)にあるログハウスのようなレストラン。外観も凝っているけど店内も綺麗なお店。お昼時に行ったせいもあるだろうが、駐車場は満杯だった。店内もほぼ満席状態。お洒落な店のせいか、ほとんどが女性客だった。
       20170316 037.JPG
こちらで頂いたのはチーズハンバーグセット。スタッフの女性におすすめと聞いたのでこれにした。250gのチーズハンバーグにライスとミニサラダ・コーヒーがついているセット。下の写真。
       20170316 024.JPG
       20170316 028.JPG
チーズはとろけるチーズとチェダーチーズが乗っている。デミグラスは自家製だそうだ。しかし、いただいてみると、これが少し残念なお味。はっきり言ってジューシーでもなければ、つなぎの嫌な味が目立つ。自家製ソースもよろしくない。付け合せの野菜も、人参は茹で方が足りないのか硬い。もう一度食べたいとは思えない「お味」。
       20170316 021.JPG
勿論、他にも料理はありそちらについてはどうなのかはわからない。しかし、せっかくのお洒落で趣向のいいお店なのに、惜しいなと感じてしまう。こスタッフの対応もそれなりに良いのだけれど。
       20170316 031.JPG
なのに看板メニューと書かれているハンバーグがこれじゃ残念すぎる。常連客やオーナーは何も思わないのかしら。それとも、このあたりはお店も少なく、これだけ綺麗な店ならそれだけで繁盛するからいいのかしら。

お洒落で素敵なお店ではあるので、お近くにお越しの際は行ってみるのはいいと思うけど、オーダーは違うものにしたほうが無難。(喫茶店のようなメニューも多いようです)


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

翁(伊達)☆

仕事で伊達方面に行った。その帰り、クライアントから美味しい蕎麦屋があると聞き、行ってみた。
       20170310 006.JPG
       20170310 018.JPG
           (店内もきれいです。)
行ってみると、なかなか趣のある店構え。店内も綺麗なお店だった。こちらで頂いたのは、そばセット。蕎麦に自家製の豆腐と焼き味噌そして刺身蒟蒻、更にデザートがつく。女性スタッフに勧められるまま、オーダーした。
       20170310 025.JPG
        (蕎麦セットの蕎麦以外の料理です。)
       20170310 040.JPG
             (デザートです。)
出されたのが上の写真。蕎麦は後から運ばれてくる。最初は前菜のように蕎麦以外の料理を口に運んだが、豆腐も焼き味噌(かなりしょっぱい)も蒟蒻も、正直あまり必要ないかな。ここは、蕎麦一本で注文するほうがいいと思えるな。
       20170310 035.JPG
          (美味しいお蕎麦でした。)
ただ、後から運ばれてきた蕎麦は、非常に美味しかった。そば自体の香りもほのかに香り、品がある。しかしその割にはちゃんとコシもある。見た目も丁寧に盛り付けられており、あまりコシのあるそばには見えなかったが、きちんと食べごたえもする美味しい蕎麦だ。

また、つけだれも鰹と鯖(たぶんそうだと思う)の香りと味が非常にマッチしている(少し好き嫌いがわかれそうだが、私は好き)。足りなければ、追加もしてくれる。

やはり、こちらの店では、蕎麦オンリーで注文するのがいいと思うな。十分だよそれで。

札幌からは少し距離もあるが、あちら方面に行かれることがあれば、是非お勧めです。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

MEN-EIJI南3条スガイディノス店

スガイディノスの東側(裏口)が入口の店。結構分りずらい場所にある。おかげで、人気店と聞いたが並ばずにすぐに入れた。
       20170306 038.JPG
    (スガイビルの表玄関にはこのような看板があります)
頂いたのは魚介豚骨醤油ラーメン。女性スタッフに勧められた。こちらのお店、こだわりがいくつかあり、その中の一つが「化学調味料を使わない」とある。また、麺については「美味しい道産小麦の麺を自社製麺する」とある。なかなかのこだわりだと思う。
       20170306 012.JPG
        (メニューに書かれている麺のこだわり)
そして、出てきたのがこちらのラーメン。ここで期待したのは、ご自慢の麺の香りを知りたかったのだが、(少々風邪気味だったせいか)あまり感じなかった。食してみると、麺は少々柔らかめであり好みの分かれるところ(正直私はもう少し硬めがいい)。スープのせいか、独特のぬめり感を少し感じる。
       20170306 025.JPG
         (なかなかお洒落なラーメンです)
スープについては、見た感じ豚骨が濃いめのスープと思えたが、ストレートに魚介(たぶん煮干し系)の味が来る。豚骨の脂ぎった感じは少ない。この味だと、この麺にはあうのかしら。
       20170306 027.JPG
          (ラーメンのアップです)
トッピングは、ネギ・ゴボウ・チャーシューとシンプル。あとは出汁のジュレが少し載っている。見た目もお洒落なつくりだね。

このラーメン、確かに素材に拘って作っていると思う。食べていて実感した。化学調味料的なものは、極力使っていないのはホントだと思う(個人的な感想ですが)。

ただ、食してみてそれをどう感じるかはまた別の話。正直に言って、今や誰でも(私も)化学調味料の味に慣れ過ぎている部分はあるだろう。しかし、化学調味料すべてが悪いわけでもないし、このあたりを突き詰めると、いろいろ意見も出てくる。

間違いなく興味深いラーメンだけど、突き抜け感というか、このラーメンの「旨さ」というものが、もう一つ(私には)感じられなかった。

平岸には本店もあるようで、少し時間をおいて、また食べてみようかしら、とふと思うね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

Q(焼き鳥 夜)

前回に引き続きQにお邪魔した。但し今回はラーメンでは無い。夜の焼き鳥やさんに行ってみた。
        20170224 003.JPG
ラーメンの時も書いたけど、焼き鳥やさんとしてはかなりお洒落な店。正直その分普通の焼き鳥やさんのから比べると、メニューは絞られる。そういうわけで、いわゆる焼き鳥やさんを期待すると外れる。スタッフの対応は、概ね良い(ラーメン店の時も良かった)。
        20170224 008.JPG
今回頂いたのは、レバー(たれ・塩)・豚串・牛&豚マルチョウ・ラムショルー串焼・トリュフ塩のだし巻き卵串。この中では、牛&豚マルチョウ・トリュフ塩のだし巻き卵串が美味しかったかな。マルチョウは、たれが甘過ぎと思うけど、あんまり串では食べないよね。その他の串は、まあまあなところかしら。他にサービスとして、鳥のコラーゲンスープが出された。
        20170224 023.JPG
             (レバーたれ・塩)
        20170224 034.JPG
           (トリュフ塩のだし巻き卵串)
        20170224 014.JPG
            (コラーゲンスープ)
確かにお洒落な店でカップルだったり、もしくは女性には受けがいいと思うけど、美味しい焼き鳥という点ではいかがなものかしら。串自体の味は悪くないけど、小さな焼き鳥メインだと今一つの感があるね。
        20170224 004.JPG
もっとも、お酒を飲むという観点では、ワインの量り売りや日本酒の品ぞろえもいくつかあるようで、そちらをメインとして行かれたほうがいいかもしれないね。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Q(ラーメン 昼)

大通り駅から歩いて十分くらいのところにあるラーメン屋さん。豊水大通りのほうが近いかな。
        20170218 041.JPG
昼はラーメン店で夜は居酒屋になるらしい。居酒屋さんで、昼間にランチを提供している店は多いが、こちらのお店はかなりお洒落なお店だ。
        20170218 003.JPG
       (昼はラーメン夜は焼きとり屋さんだそうです)
頂いたのは清湯醤油とゆめぴりかのごはん。普通に言えば醤油ラーメンとライス。素材には色々こだわりがあるようで、ご飯も北海道では有名なゆめぴりかというお米を使っている。
        20170218 034.JPG
       (ラーメンのオシャレ度もお店に負けていません)
ややしばらくして清湯醤油とゆめぴりかがやって来た。ラーメンスープを一口頂いて、素材に拘りを持っているだろうなと感じた。濃いめの醤油味だけど、油やほかの素材のうるささがあまり感じない。見た感じよりも優しいスープ。(もっともこれは好みの問題もあり、私は少しうるさいほうが好き)
        20170218 036.JPG
       (薄味ではないけれど優しい味かもしれません)
この清湯醤油には、チャーシューが豚・鶏の二枚入っているけど、豚はともかく鶏は少しあっさりしすぎかな。麺はストレートな麺。このシンプルなラーメンにはあっていると思う。

ゆめぴりかのご飯は、粘り気もあり美味しいけど、男性には物足りない量だと思う。お値段は少し割高。
        20170218 038.JPG
        (ゆめぴりかのごはん。量は少なめです)
このお店、初めに書いた通り大変お洒落で女性のお一人様も多い。スタッフの対応も概ね丁寧で感じもいい。提供されるラーメンも、それなりに美味しいんだけど、お腹いっぱいというお店では無い。

お洒落にラーメンでも、というときはぜひご利用されてはいかがでしようか。


posted by ミラー at 00:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする